Facebook

Instagram

英語English

英語が大好きになる!
低学年期に
「ちょうどいい英語」の
放課後が過ごせる

週2回の
ネイティブ講師
英語レッスン

日常生活のなかで英語に触れるだけではなく、ネイティブ講師による週2回の英語レッスンを必修科目として受講します。ここでも「遊びの中の英語」と、「学びとしての英語」の時間をきちんと区切るメリハリある放課後を大事にしています。英語のカリキュラムは初級・中級・上級の3種類。週2回分の英語レッスン料金は、アフタースクールの基本コースに含まれますので、別途料金はかかりません。

※レッスン回数を週3回に増やすプランもご用意しています。

インプット+アウトプット
英語4技能を
まんべんなく伸ばす

オリジナルカリキュラムはインプット(ボキャブラリー、フォニックス、4技能学習)とアウトプット(ロールプレイ、プレゼンテーション)で構成されています。入り口では身近な色や形、動物の名前から入りながら、出口では自分の考えを英語で人にプレゼンテーションする力まで、年間を通じてお子さまの英語力を着実に高めていきます。毎月のプレゼンテーションに合わせたインプット学習で、ボキャブラリーや発音、言い回しを学んだあとで「友だちに英語で伝える経験」を毎月重ねていきます。

※カリキュラム内容は年度や校舎により一部変更することがあります

毎日の遊び時間、
季節のイベントでも、
「英語で聞く・話す」が
お子さまの日常に

小学校が終わってアフタースクールに到着したときの挨拶、毎日のおやつタイム、遊び時間などで、スタッフは英語と日本語で子どもたちと話しています。
子どもたちも自然に、That’s nice! (イイね!)や I’d rather not do it. (ぼく、あまりそれはやりたくないや)などの日常の英語表現を聞き、話すようになります。さらにお楽しみの季節イベント、ハロウィンやクリスマスパーティなどで、「英語を聞く・話す」ことが日常のなかに入り込み、お子さまにとって身近な当たり前のことになっていきます。

母国語である日本語の語彙数や
書ける漢字の数も
どんどん増えていく
小学校低学年時期。
低学年の英語学習に大切なのは、
英語がわかる、
伝わる嬉しさをたくさん積み重ね、
英語が大好きになること。
また一般的に
「英語耳をつけるには9歳まで」
とも言われています。
日常の中で英語を聞く、話す体験が、
その後の英語力に大きく影響します。
私たちのアフタースクールでは、
オールイングリッシュではなく
日本語と英語の両方が
自由に飛び交う環境のなかで、
気が付いたら英語が大好きになる
放課後時間を実現しています。

先生からメッセージ

入会をご検討されている方へ

Nick先生

みなとみらい校

What I value in my lessons is that the children enjoy conversation. However, I make sure to point out small grammar mistakes so that the children learn correct English. We look forward to your child’s participation in a fun trial lesson that includes games!

私がレッスンで大事にしているのは子どもたちが会話を楽しめること。ただし、ちょっとした文法のミスはちゃんと指摘して、子供たちが正しい英語を覚えるようにしています。ゲームも盛り込んだ楽しい体験レッスンへのお子様のご参加待っています!